ブログ

教室で習う価値とは

0 0
好きな曲が弾けるようになったらうれしいですよね。

それがピアノ教室に通う動機にもなることと思います。

でも・・YouTubeを開けば、「ゆっくり動画」みたいなものがあって、見ながらやれば簡単にできちゃう時代。
(憧れの大曲が簡単にアレンジされていたり、そんな工夫もありますね)

それなら別に、教室に通わなくても良いのではないかと思ったりします。

ただし

ピアノが弾けるってことが、

正しい鍵盤を正しいリズムで押すこと

だという理解なら、という意味で。

では、ピアノ教室に通うということはどういうことなのでしょうか。

これは本当にたくさん書きたいことがありすぎるのですが(笑)

私は生徒さんたちには

正しく弾けたからOK!

というレッスンはしていません。
というか、それは当たり前であって目指しているところではありません。

楽譜が読めるだけではなく、そこから「読み取る」力
音が大きい、小さいではなく、その質の違いが分かる耳
美しい音が出せる指、手、身体の使い方を知る


こういうことたちを楽しみながら初歩の初歩から・・つまり第一回目のレッスンからやっていきます。

その積み重ねは大きいです。

昨日のレッスンでたった2つの音、ドとレを使った曲を弾いた幼児さんのこと。

ドを弾く時とレを弾く時の気持ちがそれぞれ違っていて、それがとっても音楽として美しかったのです。

たった2つの音なのに。

2つの音なんて、ピアノを習っていなくても簡単に弾けますよね。
でも、その2つの音の違いを感じて演奏できたら、どんなに素敵か。
それが感性の豊さだと私は思います。

そういうことを学び、染み込ませていけるのがピアノ教室の価値なのではないでしょうか。

手軽さが優先される時代ですが、じっくりと「その時期」に大切なことを伝えていくレッスンをしていきます。

深く理解を示してくださる教室の皆様にはいつも感謝しかありません。

黒 白 ポップ ピアノ 絶対音感 インスタグラム 投稿

0 Comments

There are no comments yet.