生徒さんのチャレンジと成長

自分でできる・助けも借りる

0 0
最近、ますます積極的に練習してくるようになったMちゃんのレッスンで。

ちょっと難しい曲を練習中。

今週は最後まで両手で弾きたかったのに、
最後の1ページに手こずってしまった


とMちゃん。

今日のレッスンでは、どうしたいの?

と、聞くと

最後の1ページが気になって仕方ないから
このレッスン中になんとかしたい

と。

そこで、一緒に考えました。

何が問題なのか、どういうところが引っかかりやすいのか・・。

質問していくと、出てくる、出てくる、すごく良い答えとアイデア!

レッスン時間には限りもあり
無駄にできません。

Mちゃん

先生、タイマーつけてください。
今、考えた方法で3分間、やってみます!

と。

結果・・

できました!

Mちゃんもとっても嬉しそうです。

困ったとき、どうしたら良いのか、
今までもさまざまな方法をレッスンのなかで試してきました。
だから、Mちゃんのなかにちゃんと答えはあったのです。

お家でのひとり練習のときには思いつかなかったけれど
話しているうちに思い出し、閃いた。

そして、時間管理のこともちゃんと身に付いていました。

自分でできることを増やすこと。
困ったことがあれば相談し、助けを借りられる柔軟性も持つこと。

ピアノレッスンでも、社会生活でも大切なことは同じ。
何にでも通じてますね。

さて、皆さんは

難しい、できない、って思うことがあったとき
どうしてますか?

写真_3566
Mちゃんの真剣な練習風景。
左に見えるのはipadのタイマー。
視覚的にもすごく良い(時間経過が見えるから)です。


0 Comments

There are no comments yet.