思うこと

好き嫌いがあっても育つ♪

0 0
好き嫌いなく、何でも食べる良い子になりましょう・・

というのは、今の学校でも言われているのかしら?

私が子どもだった頃は、給食を残すのは厳禁で、
牛乳が嫌いだった私は、大変だったのですが・・
(こっそり、牛乳好きの男子に飲んでもらってました)

で、音楽の話に戻ると・・

音楽にもいろいろなジャンルがあるわけです。

クラシック(それもバロックとか古典とか分かれてるし)
ジャズやポピュラーに・・etc

レッスンでは、クラシックだけではなくて、他のジャンルの曲も
扱うので、生徒さんそれぞれの「好きな曲」「あんまりやりたくない曲」
がはっきり分かります。

譜読みのスピードも違いますからね。

ところで、中学生や高校生のレッスンでは、
たくさんの曲が扱えないので、「今、弾きたい曲」を
弾いてレパートリーを増やす、という内容になります。

面白いのは、そうすると最初のうちは

ポピュラー曲(ヒット曲とか!)を次々と持って来て、楽しそうにしているのに
ある日突然

今度はクラシックやりたい

なんて言い出すこと。

またはその逆で、クラシックをたくさん弾いてきた子が

「嵐」の曲、弾いてみようかな

って言い出したり。

どうしてそんなふうになるのか・・。

そのヒミツは、やはり

ピアノが好き、楽しいな

という気持ちを持つ続けられたからなんだと思います。

今日、こんな話を書いているのは、

ある小学生の生徒さんのことを考えていたから。

その子は練習もしっかりするのですが
「どんどん弾ける楽譜」と
「ものすごく苦労している楽譜」があって、

どうしようかなあ・・本当は弾ける実力があるのになあ・・って
どうしたら良いかなあって・・考えていて、思い出しました。

ついつい、レッスンでは
苦労している曲(そして、本人があまり心が動いていない曲)に
焦点を当ててしまいます。

でも

そうじゃなくて、楽々弾いてしまう、その楽しんでいるところに
焦点を当てなくちゃ、って思ったのです。

楽しんでいるところに焦点を当てていたら、
きっと自然にそのほかの部分も「後から」ついてくる。

ああ、そうだよなあ、そうだったなあ、

・・と、自分が子育て中に何度も思ったそのことを
今日は思い出しました。

好き嫌いがあっても、育つ、心配しなくても大丈夫。

大事なことでした。


0 Comments

There are no comments yet.