上手になりたい人へ

良い練習をすれば練習時間は短くなる

0 0
レッスンで生徒さんたちによく驚かれるのは
演奏をひととおり聴いた段階で

今週はこんな練習してきたでしょう?

と、生徒さんのお家での練習態度、内容を言い当てることです。

ある生徒さんは

先生には見えるのかも。こわい

って、お家で言ってたそうで・・。

見えるわけではないのですが、分かっちゃいます、
音を聴けば。

さて、今日は練習の内容のお話を。

できないところを集中して弾く「部分練習」は
目的をもってやれば意味がありますが、
ただやるのでは、無駄になってしまうと思うことが多いです。

その部分のどういうところが難しくて
何が原因でできないのか、そういうことをいったん考えないと

何度やってもできないままになります。

例えば1小節を取り出すとして・・

右手の1拍目から2拍目のポジション移動が
むずかしい、移動をスムーズにしよう

と、ここまで分析できていれば良いのですが、

その1小節をやみくもに何度も弾いていては成果がでません。
偶然、できることもあるかもしれないけれど・・。

ポイントを絞って練習したら、短時間で済むのに
もったいないですね。

思考を働かせて練習できるようになるには
ある程度の経験と、年齢的な成長も必要ですので
小さい生徒さんは、一緒にレッスンのなかで見つけていきます。
いずれ自立できるように。これには時間がかかります、もちろん。

子どもたちは学年が上がるほど忙しくなっていきます。
でも「考えた練習」ができれば、
練習時間の確保が難しくなっても短時間で済むのです。

そして、このように目的を考えて練習する習慣は
実は勉強にもつながっているのですよね・・。


0 Comments

There are no comments yet.