グループ勉強会

夏休み特別レッスンと今と昔の話。

0 0
この夏休みは「特別レッスン」として
グループレッスンを行いました。

小学生を中心に3クラス。

リズムの勉強、リズムで作曲、その場でアンサンブルなど
個人レッスンでできないことを盛り込みました。

何を学んだかってことはもちろん大事なのですが
「仲間の顔」が見えるってことがいいなあって思うんです。

ミニコンサート(教室内の小さなコンサート)を通して
顔見知りになってはいるのですが、こういう機会は多いと良いなあと
思います。

夏休み特別レッスン

1拍の分解を覚え、応用編としてリズム足し算にチャレンジ中。
算数の問題を解いているような光景です。



ところで、先日、久しぶりに10年前の発表会のプログラムを
見てみたのですが・・

懐かしい気持ちになると同時に、

10年経つと、生徒さんたちの事情も大きく変わってくることを
実感しました。

あの頃は、教室行事を行うのにもそんなに日程調整が大変では
ありませんでした。
でも今は、みんながたくさんの習い事を抱えていて
行事を行うことが難しくなってきています。

10年前も「日程調整大変だな」って思った覚えがあるのですが・・
今はその比ではないですね。

週休2日か完全に定着して、土曜日に習い事へいくつかいくことが
当たり前になり、共働きのご家庭がさらに多くなり・・。

余談ですが・・
我が家も共働きでしたので、子どもの習い事の送迎の
調整は難しかったです。まあ、ピアノだけしかやってなかったのですが・・。
それでも忙しかったな、という覚えがあります。

そう考えると2人、3人とお子さんがいらしたり、
お仕事をしながらこうやってピアノ教室に通ってくださること
とても有り難いと思います。

話は飛びましたが、そういうわけで、

こういう行事もどれくらいの頻度でやったら良いのか
どんな時間帯だったら参加しやすいのか、

やるたびに考えてしまうのですが、

やってみればやはり、やることの意義は感じるので、なるべく継続してこうやって
「顔を合わせて共に学ぶ」時間を作りたいと思っています。

ワタクシ的2学期が始まったという気分で久しぶりにブログを書きました。
夏休みのご報告はまだ続きます。

次回はピアノランドフェスティバルに行って来た話を書こうと思います。


0 Comments

There are no comments yet.