プロフィール

齋藤博子

Author:齋藤博子
東海村のピアノ教室です。
ピアノランドマスターコース10期修了、ピアノランド勉強会修了、
樹原涼子氏のコード塾3期、4期を修了。
生徒さんにはクラシックに限らず、さまざまなジャンルの曲を弾けるように、そして楽しみながらも、しっかりとした基礎を身につけられるよう、指導法を研究・実践しています

CONTACT
教室へのお問い合わせ、
体験レッスンのお申し込みは
こちらからお願いいたします
⇒ 『 お問い合わせページへ

カテゴリ
最 新 記 事
最 新 コ メ ン ト
アーカイブ

リンク

検索フォーム

カウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言いたいだけ言わせてみる

2011.11.14 23:27|レッスン
新しい曲に取り組むとき

「え~、難しそう。できないかもしれな~い」

って、まず始めに言う子がいます。

でも、その顔はちょっと嬉しそうだし、本当にダメだって思っている
様子でもありません。

そのまま、その子の言い分を聞いていると

「だってさ~、ここのところとかさ~(楽譜を指差して)、意味分かんないもん」

などなど、出てくる、出てくるネガティブ発言。

一通り文句(?)を言って、気が済んだらしいタイミングで聞きます。

「本当にできないと思った?やっぱり無理?」

すると、

「いや、多分~、できるとは思う。すぐには無理だけどね~」

と答えます。

「あらそう、よかった。次に会うのは1週間後だから、時間はあるから大丈夫!」

と言うと

「うん、頑張ってくる!」と答える。

不安な気持ちをどんどん言葉すると、気が済むタイプの子です。
新しい曲になるたびに、同じようなやり取りが繰り返されるのですが
さて、いつか文句を言わずにササっと取り組める日はくるでしょうか。

その日が来ても来なくても、どちらにしても大丈夫。
だって、その子は
「上手になりたい」って気持ちが強いからこそ、できるかな~って
不安になってしまうだけだと思うから。
上手になりたいって気持ちがあるなら、もうそれだけで強いものね。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。