プロフィール

齋藤博子

Author:齋藤博子
東海村のピアノ教室です。
ピアノランドマスターコース10期修了、ピアノランド勉強会修了、
樹原涼子氏のコード塾3期、4期を修了。
生徒さんにはクラシックに限らず、さまざまなジャンルの曲を弾けるように、そして楽しみながらも、しっかりとした基礎を身につけられるよう、指導法を研究・実践しています

CONTACT
教室へのお問い合わせ、
体験レッスンのお申し込みは
こちらからお願いいたします
⇒ 『 お問い合わせページへ

カテゴリ
最 新 記 事
最 新 コ メ ン ト
アーカイブ

リンク

検索フォーム

カウンター

言葉のウラ

2012.01.17 11:11|レッスン
子供たちの言う

「全然分かんないんだもん」

っていう言葉って、面白い。
かなり大雑把で、実は本当のことを表していないことが
ほとんど。

全然→本当に全く分からない?
それとも、分かるところと分からないところと
あるってこと?

分からない→何が?
イメージ?
リズム?
それとも?

ある子のレッスンでも、このセリフがでてきたので
よく聞いてみたら彼女にとっての「よく分からない」は
なんと

弾きにくい

っていうことでした!

弾きにくいんだっていうことであれば
その原因を見つけて解決できますものね。
時間の節約にもなります。

このほかにも

「全然練習できなかった」
という言葉のウラ、とかいろいろあります。

言葉のウラ集でも作ろうかしらん。

コメント

No title

わぁ~
ひろこさんのレッスンは、言葉のウラまで見てくれるんですね!
いいなぁ~

「全然練習できなかった」のウラには
一体何があるのかしら。

私も良く、「今日は全然お仕事出来なかった」って思いますが(笑)
そのウラには一体何があるんだろう~


言葉のウラ集、ぜひ作ってください!

No title

梨沙さん♪←「さん」付けにしてみたわ。

言葉のウラばかり読んでいると嫌なヤツになってしまい
そうなのですが・・・

子供たちってボキャブラリーが少ないから、
すごくストレートな言い方をするのね。
(でも、そうでない子も多いよ)
ストレートなだけに、シンプルな真実を含んでいるときもあるし、
そうでないときもあるのよね〜
なんか変だぞって、アンテナにビビっと来たときは
よ〜く観察するとことにしてます。

梨沙ちゃんの「今日は全然お仕事できなかった」っていうのは
いったい誰に向かって言っているんでしょうね〜・・うふふ。

こちらへのコメント、ありがとう!
ミクシイなみに自由に書ける日はくるのか、私!
あたたかく見守ってやってくださいませ♪

No title

「全然練習できなかった」・・・。
私もこの前のレッスンで言っちゃいましたね~^^;

子供の頃にもよく言っていた言葉。。。
あの時も当時の先生は何かを察知していたに違いない。
そして、その時の先生の顔を、
心の中を見透かされそうでまともに見れなかった私。
あの時は「全然練習できなかった」ではなく、
「全然練習しなかった」だったからだぁ(>_<)
今でも記憶にしっかり残ってます~。

あ、今現在の私が言った「全然練習できなかった」は
ホントはもっともっと練習したかったのに、練習する時間が取れなかった~!
って事ですよ?

今はなぜか練習大好き人間に劇的変化をとげたので^^;

No title

TomoHatakeさん♪

うんうん、分かりますよ〜
「ホントはもっと練習したかったのに・・」なんですよね。

そして

もっともっと練習したいくらい、ピアノが好き♪
っていう気持ちも伝わってきてます!

子供の頃の「練習できなかった」という言い訳を
思い出すと、なぜか胸がキュっとしますね。
今の子たちだって「練習できなかった」て
言いながら、胸の奥で何かを感じているんじゃないかって
思うのです。

それにしても、今も当時の先生のことをよく覚えている
Tomoさん。先生、そのことを知ったらとってもとっても
喜んでくださると思いますよ。
今、こうやってピアノを楽しめていることを知ったら、なおさら!

練習大好き人間って・・かっこいい♪
非公開コメント