プロフィール

齋藤博子

Author:齋藤博子
東海村のピアノ教室です。
ピアノランドマスターコース10期修了、ピアノランド勉強会修了、
樹原涼子氏のコード塾3期、4期を修了。
生徒さんにはクラシックに限らず、さまざまなジャンルの曲を弾けるように、そして楽しみながらも、しっかりとした基礎を身につけられるよう、指導法を研究・実践しています

CONTACT
教室へのお問い合わせ、
体験レッスンのお申し込みは
こちらからお願いいたします
⇒ 『 お問い合わせページへ

カテゴリ
最 新 記 事
最 新 コ メ ン ト
アーカイブ

リンク

検索フォーム

カウンター

まだ習ってないことを、やってもいいですか?

2012.03.21 12:14|上手になりたい人へ
とっても長いタイトルになってしまいました。

最近、新聞などで

まだ習ってない漢字だから、ということで
自分の名前を漢字で書くのを禁止する教師はいかがなものか

という記事を読みました。

これね・・

ピアノ教室でも、よく質問されるんです。

まだ習ってない曲なのに、勝手に弾いてしまうのですが、
いいでしょうか

お姉ちゃん、お兄ちゃんの真似をして弾いてしまうのですが
いいでしょうか

などなど。

私は、基本的にはOKですよ、って言います。

だって、弾きたいんだもの。
弾きたいって、「好き」ってことでしょう?

もし、そこで変な癖がついたとして(そんなに大事にはならないと思うけど)

「ピアノが好き!もっと上手になりたいな」

って気持ちがあったら、正しい弾き方を習えば、

「おお♡そっちの方がいい!」って思って、学べちゃうと思うんですよね。

でもね、「変な癖」って、たしかに直りにくい。
けれど、自分で遊び弾きしていて、取り返しのつかないほどの
癖がついちゃった・・っていうのは、私はみたことないな。
そもそも、習っているからね。

正しいフォーム、美しい音色、そういうことを置いてきぼりにして
レッスンをしていたとして、さらに自分なりに楽しく弾いちゃった・・というなら、
それはちょっと大変かもしれないけれど。

あとは、その子をよくみること。

時には

「ああ、そういうの、弾きたいのね。素敵だもんね。
でも、あともう少しだけ、手が大きくなるの、待ってみない?」

って、言う事もあります。

結論としては、基本的にはOKだけど
ひとりひとりの状態をみて・・やってもいいか、もう少し待つべきか、
考えるってことかな。

まあ、これが、学校のように集団を教えなくてはいけない
状況だと難しいものがあるのかもしれないけれど。

でも、
「あんなのが弾きたいな」っていう気持ち、
「あの漢字かっこいい。書きたい」っていう気持ち、

どっちも素敵よね。

大事にしたいと思います。

コメント

No title

私もOK派です。
いっぱい遊んで仲良くなって!って言います。

そもそも、世の中、習っていないことだらけですものね。
習っていないことに手を出すことのほうが、
断然面白いですものね♪

No title

まっみさん♪

そうそう、世の中習ってないことだらけ♪

私、真面目だから(!)、ついつい「お勉強」したく
なちゃうのだけれど、そればかりだと「冒険」もできやしないって
思いました。

無鉄砲に飛び出すと、ケガするけど、準備ばかりしていても
面白くないし。

ほどほど・・がいいですね。

・・って、何の話でしたっけ、これ。

私はまっみさんの、冒険心が好きだな〜♪
まっみさんの音楽からも、それが聴こえます。
非公開コメント