プロフィール

齋藤博子

Author:齋藤博子
東海村のピアノ教室です。
ピアノランドマスターコース10期修了、ピアノランド勉強会修了、
樹原涼子氏のコード塾3期、4期を修了。
生徒さんにはクラシックに限らず、さまざまなジャンルの曲を弾けるように、そして楽しみながらも、しっかりとした基礎を身につけられるよう、指導法を研究・実践しています

CONTACT
教室へのお問い合わせ、
体験レッスンのお申し込みは
こちらからお願いいたします
⇒ 『 お問い合わせページへ

カテゴリ
最 新 記 事
最 新 コ メ ン ト
アーカイブ

リンク

検索フォーム

カウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全体をみて育てること

2016.10.12 16:30|上手になりたい人へ
この教室で大切にしていることのひとつ。

常に全体をみる

例えば、新しい教材を渡すときにも、

その本が

全体の(長く続ける、上達していくこと)なかで
どんな役割をするか、どうつながるか


というのはすごくすごく考えます。

その答えは、その生徒さんの特性によって違うので
コレが終わったら次はコレ、と自動的に出て来るものでもありません。

ですから

生徒さんが、教本以外の曲を
やりたいと言ってきたときも、

なるべく希望に沿うようにしながらも

けれども、それが

「その場しのぎの、ご機嫌とり」で終わってしまわないように
やはりつながりを考えます(特に アレンジ=楽譜選び 大事です!!)

発表会の曲を選ぶ時ももちろんそうです。

ただ、かっこいい、聴き映えがする、という視点で
選んでしまうのは、教える責任の放棄になります。

・・などということを今日、改めて書いてみたのは

山田ズーニーさんのコラムを読んだからです。

私がいるところは全部のなかの一部


山田ズーニーさんのコラムには毎度、心を打たれます。

さて

さらに一歩踏み込んで・・

忘れてはいけないのは、

ピアノレッスンというのは、生徒さんの人生全体のなかの
一部である


ということ。

ピアノが弾けることが、長い人生のなかの「幸せ」につながるように
していきたいと思っています。

どんなとき、ピアノが弾けて良かったと思うでしょう・・?

習っている方、これから習ってみようと思う方
・・どんな答えがありますか?

【教室のご案内】

東海村のピアノ教室です。東海村だけでなく、ひたちなか市、那珂市、常陸太田市などからもピアノレッスンに通う生徒さんもいらっしゃいます。

ピアノが上手になり、ずっと楽しめる基礎をしっかり身につけられます。どんなお教室か気になる方は、まずは体験レッスン(無料です)にいらっしゃいませんか。体験レッスンの申し込み、その他のお問い合わせもお待ちしています。

でんわ 090 1264 9889
メール s.hirokopiano@gmail.com  


またはこちらのお問い合わせフォームからどうぞ
Hiroko piano school

教室所在地やお月謝などの概要はこちらで読んでいただけます

【教室について】


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。