プロフィール

齋藤博子

Author:齋藤博子
東海村のピアノ教室です。
ピアノランドマスターコース10期修了、ピアノランド勉強会修了、
樹原涼子氏のコード塾3期、4期を修了。
生徒さんにはクラシックに限らず、さまざまなジャンルの曲を弾けるように、そして楽しみながらも、しっかりとした基礎を身につけられるよう、指導法を研究・実践しています

CONTACT
教室へのお問い合わせ、
体験レッスンのお申し込みは
こちらからお願いいたします
⇒ 『 お問い合わせページへ

カテゴリ
最 新 記 事
最 新 コ メ ン ト
アーカイブ

リンク

検索フォーム

カウンター

なぜそうなの?を知ること

2016.02.09 11:02|上手になりたい人へ
ピアノを弾くにはさまざまなお約束ごとがあります。
「姿勢」もそのなかのひとつ。

足はブラブラしないように、とか
背中は背もたれにだらーんともたれないようにとか

いろいろあるわけですが、

ちょっと油断すると「普段の姿勢」がでてしまうもの。

レッスンで注意されることは、たいてい、お家でも
お食事の時などにも注意されることのようです。

それでも、レッスンを積み重ねていくうちに
いつのまにか注意されなくなっていくのですが・・

これは、まだまだ始めたばかりの幼稚園生のレッスンでのこと。

気付くと、どうしても足が浮いてしまうのです。
足台を使っているのですが、なぜかつま先を使いたくなるようで・・。

でも、最近では自分で「あ!」と、気付くようになりました。

この前のレッスンでも

あ!・・足・・

と、自分で言ったあと

姿勢が良いと良い音になるんだよね〜

と、自分で言っていました。

そうです、そうです。
すごいね、分かってるんだね。

ちゃんと、「なぜそうするのか」がつながっているんですね。
だから、自分でも気付けるようになったのです。

きっと自然に足が着くようになっていくでしょう。

「なぜ、それが必要なのか」ということへの興味は
強い子も薄い子もいますが(これも、性質だと思います)

やはり、「理由」を知っていれば意識することに
つながるんだなと思いました。

注意されるから意識する・・じゃ、ないんですよね♪

上手になりたいから・・なんですよね。

【教室のご案内】

東海村のピアノ教室です。東海村だけでなく、ひたちなか市、那珂市、常陸太田市などからもピアノレッスンに通う生徒さんもいらっしゃいます。

ピアノが上手になり、ずっと楽しめる基礎をしっかり身につけられます。どんなお教室か気になる方は、まずは体験レッスン(無料です)にいらっしゃいませんか。体験レッスンの申し込み、その他のお問い合わせもお待ちしています。

でんわ 090 1264 9889
メール s.hirokopiano@gmail.com  


またはこちらのお問い合わせフォームからどうぞ
Hiroko piano school

教室所在地やお月謝などの概要はこちらで読んでいただけます

【教室について】



コメント

非公開コメント