プロフィール

齋藤博子

Author:齋藤博子
東海村のピアノ教室です。
ピアノランドマスターコース10期修了、ピアノランド勉強会修了、
樹原涼子氏のコード塾3期、4期を修了。
生徒さんにはクラシックに限らず、さまざまなジャンルの曲を弾けるように、そして楽しみながらも、しっかりとした基礎を身につけられるよう、指導法を研究・実践しています

CONTACT
教室へのお問い合わせ、
体験レッスンのお申し込みは
こちらからお願いいたします
⇒ 『 お問い合わせページへ

カテゴリ
最 新 記 事
最 新 コ メ ン ト
アーカイブ

リンク

検索フォーム

カウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教科書の音読と楽譜を読むことの関係

2016.01.27 10:52|上手になりたい人へ
今日の記事は、「入門レベルで身につけておきたいこと」
についてです。

先日、楽譜は読めるようになりますよ、という記事を書きました。
楽譜が読めるってことは強みになる」

ただ、「読める」と言ってもいろいろなレベルがあるのですが、
ここで最低限「読める」としたいのは、

こんなレベルです。

たとえば文章を読むとき

り・・・・ん・・・・ご・・・・が・・・・す・・・・き・・・・


このように一文字ずつ区切って読んでいると、
意味が頭に入りにくいですよね。


りんごがすき


このように、見た瞬間に、意味がぱっと入ってくるように読めるのを
「読める」としています。

本当の初期の初期に、音符カードなどを使って、一音ずつ認識することが
できるようになったら、

流れにのって、読む(歌う)という
練習をたくさんやります。

うちの教室の生徒さんは、新しい曲に入るときは
必ず「うたう」から始めます。

ある程度弾けるようになっても
それは続きます。

こうやって積み重ねていくので、
流れにのって読むというのは、できるようになるんですね。

ところで、小学生は国語の教科書の「音読」の宿題がありますね。

あれだって続けているうちに、学年が上がっていくと
かなり難しい文章をスラスラと淀みなく読めるようになっていきます。

同じことのように思います。

流れにのって読める、歌える
それが私の思う「楽譜が読める」のスタートラインです。

スタートライン?

そう、楽譜って、それ以外にもたくさん読み取りたいことが
隠されているんです。

それらが「読める」ようになるのは、その先のお話です。

【教室のご案内】

東海村のピアノ教室です。東海村だけでなく、ひたちなか市、那珂市、常陸太田市などからもピアノレッスンに通う生徒さんもいらっしゃいます。

ピアノが上手になり、ずっと楽しめる基礎をしっかり身につけられます。どんなお教室か気になる方は、まずは体験レッスン(無料です)にいらっしゃいませんか。体験レッスンの申し込み、その他のお問い合わせもお待ちしています。

でんわ 090 1264 9889
メール s.hirokopiano@gmail.com  


またはこちらのお問い合わせフォームからどうぞ
Hiroko piano school

教室所在地やお月謝などの概要はこちらで読んでいただけます

【教室について】


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。