プロフィール

齋藤博子

Author:齋藤博子
東海村のピアノ教室です。
ピアノランドマスターコース10期修了、ピアノランド勉強会修了、
樹原涼子氏のコード塾3期、4期を修了。
生徒さんにはクラシックに限らず、さまざまなジャンルの曲を弾けるように、そして楽しみながらも、しっかりとした基礎を身につけられるよう、指導法を研究・実践しています

CONTACT
教室へのお問い合わせ、
体験レッスンのお申し込みは
こちらからお願いいたします
⇒ 『 お問い合わせページへ

カテゴリ
最 新 記 事
最 新 コ メ ン ト
アーカイブ

リンク

検索フォーム

カウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曲に近づくそれぞれの道・・言葉のセンス・・Aちゃん♪

2014.10.31 10:44|レッスン
心をこめて弾く・・

このことについては、前にも書いたことがあると思いますが・・

なかなかつかみどころのない漠然とした言葉です。

丁寧に弾く、イメージを持って弾く・・

具体的に音を聴かせてイメージを膨らませていく方法もあるし
曲によっては、挿絵から想像したり、実際に絵を描いてみたり、
そんなふうにして曲にアプローチすることも可能でしょう。

どんなやり方が生徒にフィットするかは、それぞれの個性によるものが
あるので、

この曲はこういう指導法でいく

というひとつの答えがあるわけではありません(私の場合)

言語を使う能力の高いAちゃんのレッスンでのこと。
言葉を使うことによって、曲への興味がわき、イメージもふくらみやすい子です。

ピアノランド4巻の「秋のスケッチ」
この季節にぴったりの美しい曲。

この曲には


しっとりとメロディーを歌って

という指示があります。

これだけでも、彼女には充分伝わると思ったのですが、

もっとこの言葉を深めてみよう ということになり

しっとりとメロディを歌って・・を別の言葉に言い換えてみたらどうなる?

・・という宿題を出しました。

すると・・

彼女が書いてきたノートが素晴らしい!!

見てください♪

Aちゃんノート

彼女のなかの「秋」の扉が開いたような・・そんな言葉たち。

で、これが演奏につながらないと意味がないのですが・・

もちろん、つながってました!
前回より、ぐっと音に力がある演奏に♪

どこからアプローチして、曲へ気持ちを近づけていくか、というのは
ひとりひとり道が違うのです。

Aちゃん、写真使わせてもらったよ〜
ありがとう♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東海村、ひたちなか近辺でピアノを習いたい方、
ピアノランドメソッドに興味のある方
お教室への問い合わせ、体験レッスンのお申し込みはこちらまでどうぞ。
Hiroko piano school

教室所在地やお月謝などの概要はこちらへ
【教室について】





コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。