プロフィール

齋藤博子

Author:齋藤博子
東海村のピアノ教室です。
ピアノランドマスターコース10期修了、ピアノランド勉強会修了、
樹原涼子氏のコード塾3期、4期を修了。
生徒さんにはクラシックに限らず、さまざまなジャンルの曲を弾けるように、そして楽しみながらも、しっかりとした基礎を身につけられるよう、指導法を研究・実践しています

CONTACT
教室へのお問い合わせ、
体験レッスンのお申し込みは
こちらからお願いいたします
⇒ 『 お問い合わせページへ

カテゴリ
最 新 記 事
最 新 コ メ ン ト
アーカイブ

リンク

検索フォーム

カウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごまかしちゃダメよ♪

2013.10.18 11:44|上手になりたい人へ
先日のレッスンで、

先生、その例えは極端過ぎるよ・・・って
生徒に呆れられた話。

その日レッスンに来た中学生のNちゃんは
すでに知ってる曲だったためか、
楽譜とは微妙に違う(この、微妙がクセもの!)
リズムで譜読みをしてきました。

「すでに知ってる曲」を弾くときにありがちな
パターンなんですね。微妙にリズムを間違えるっていうの。
特に、ポップスのとき。

たしかに、CDなどで聴くのとは違うリズムで書かれているときが
あるんです。

じゃ、別に譜面通りでなくてもいいじゃないか・・・と。
いえいえそうはいかない。

そうすると、メロディーを弾いてるときはいいけど、
両手になったとき、ごまかしがきかなくなって破綻するのです。
中級レベル以上の楽譜に多いですね。

という理由があるので、Nちゃんには事前にそのことを話しておきました。

なのに!

Nちゃん、頭のなかはもう、「その曲が弾ける歓びでいっぱい」で、ノリノリで
弾いてきちゃった。

こういうときの対処って、さまざまあるでしょうね。
「嬉しい、楽しい」を優先するときもあるでしょう・・。

でも、私はこのとき、「楽譜を正しく見てみよう」という方を大事にしました。
もちろん、嬉しい気持ちも分かっていたし、尊重もしたかったけど。
この先のNちゃんのことを考えて、そう判断しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと不満そうなNちゃんに言いました。

あのね、だいたい知ってる〜!
細かいことは気にしな〜い♪・・ってノリで弾いててさ
ホントはよく分かってないってことがどんどん重なったら
どうなる?

それでさ、私が明日死んじゃったとしたら?
そしたら、どうするの?
先生がいないとこの先に進めないよ〜・・って言うわけ?
いつもテキトーにノリで弾くか、誰かに手取り足取り教えてもうわないと
できなくて本当にいいわけ?

Nちゃん、あきれ顔で

先生、死ぬってさ〜、話が極端すぎる〜!

そうか・・たしかに極端な例えかもしれないけど
でも、私は本気でそう思うんだよね。
本当は分からないことだらけ・・・だとしたら怖くて
「次」に進めないかもしれないじゃない?

そうだけど、やっぱり極端だよ!

そうかなあ・・本気でそう思うんだけどなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで、私の話は極端なのですが(これはよく息子にも指摘される

本質的なことは伝わったかなあ。

・・と、これを書いてしばらく下書きに入れておいたので
その後のNちゃんの報告。

Nちゃんはきちんと

分かること、分からないことを整理して
分からないことを理解するための努力もしました。

すごいぞ、Nちゃん!
だって、ホントはこういうの、ちょっと面倒だもんね。

Nちゃんの素直な姿勢に感動♪

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。