プロフィール

齋藤博子

Author:齋藤博子
東海村のピアノ教室です。
ピアノランドマスターコース10期修了、ピアノランド勉強会修了、
樹原涼子氏のコード塾3期、4期を修了。
生徒さんにはクラシックに限らず、さまざまなジャンルの曲を弾けるように、そして楽しみながらも、しっかりとした基礎を身につけられるよう、指導法を研究・実践しています

CONTACT
教室へのお問い合わせ、
体験レッスンのお申し込みは
こちらからお願いいたします
⇒ 『 お問い合わせページへ

カテゴリ
最 新 記 事
最 新 コ メ ン ト
アーカイブ

リンク

検索フォーム

カウンター

合唱の伴奏

 秋になると、各中学校では合唱祭が行われます。

お教室でも今、5人ほどが伴奏の練習をしています。

たいてい夏休み前に曲が渡されて、伴奏をやりたい人は夏休み中に練習、
2学期になってからオーディションで決定する、という流れですね。
(一部、そうでないところもあるようですが)

練習した子たちは、無事にオーディションに合格して、ますます張り切って
取り組んでいます♪

ここに至るまでに小学生のうちにちゃんと積み上げてきたものがあるから
どんなに難しい曲でも、大丈夫。
部活が忙しくても、塾が忙しくても、乗り切れます。

そして、みんな伴奏の練習が楽しそうなのです。

そういう姿を見ていると、こちらまで嬉しくなってしまいます。

合唱の伴奏は間違わなければ良いというものでも
華麗に弾ければ良いというわけでもないと思います。

構成やコード進行を理解して感じて表現して、ドライブ感があって・・
つまり・・もちろん、普段のレッスンでやっていることが活かされるのですね。

合唱の曲って、クラシックとが全く違うノリの曲が多いですね。
こういう曲に取り組むとき、やっぱりピアノランド育ちの子たちはさすがだなって思います。

自分の音も歌もよく聴いて弾けている・・はず!

毎年、本番を聴きに行きたいなあ・・って思いながら行けずじまい。
今年こそ、なんとかして行きたいなあ、どこか1校でも♪

そして、多分・・泣く。
合唱ってどうして涙がでちゃうんでしょうね・・年のせいかしら。

コメント

非公開コメント