プロフィール

齋藤博子

Author:齋藤博子
東海村のピアノ教室です。
ピアノランドマスターコース10期修了、ピアノランド勉強会修了、
樹原涼子氏のコード塾3期、4期を修了。
生徒さんにはクラシックに限らず、さまざまなジャンルの曲を弾けるように、そして楽しみながらも、しっかりとした基礎を身につけられるよう、指導法を研究・実践しています

CONTACT
教室へのお問い合わせ、
体験レッスンのお申し込みは
こちらからお願いいたします
⇒ 『 お問い合わせページへ

カテゴリ
最 新 記 事
最 新 コ メ ン ト
アーカイブ

リンク

検索フォーム

カウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白い中学生

2013.08.08 10:06|レッスン
前回の日記で

思ったことを的確な言葉で伝えられるってすごいこと

と書きました。

レッスンでは「カウンセリングレッスン」を取り入れているので
一方的に私が話しているのではなくて、生徒といろいろなやりとりを
しながら、レッスンを進めていきます。

さて、昨日のレッスンのヒトコマ。思わず「うまい!」と言いたくなった中学生の言葉。
あ・・先日の公開レッスンの中学生のような、かっこいい話じゃなくて笑ってしまう話です。

中学生のTちゃんの弾くキャサリン・ロリンの作品。
とっても美しいメロディーの曲なんです。
なのに、Tちゃんったら、「どうしちゃったの?」っていうくらい
心のない演奏。

私から話しかけます。

Tちゃん・・あのさあ・・言ってもいい?
はっきり言っちゃうよ。

うん、うん、言って、言って。
回りくどいのより、いいから!

あ、そう。
じゃ、言うよ。これ、全然面白くな〜い!
こんなにキレイな曲なのに、残念過ぎる。
棒読みの朗読聞いてるみたいだよ。

あはは〜
そうか〜、私もなんかそうだなあって思った〜←思ったなら、なんとかしてください
こういうの、お芝居だったら「大根役者」っていうんだよね!




・・Tちゃん、その通りです。
あなた、「大根役者」なんて言葉、よく出てきましたね。

そんなピッタリ当てはまる言葉が出るセンス持ってるところ、いいね!

どの子のレッスンも、本当に面白いです。

じっくり慎重に言葉を選びながら話す子もいるし、
瞬発力が良くて、ぽんぽん話が進む子もいます。

どちらがいいというわけでもないのですが、その子のテンポに合わせて会話を進めながら、大事なところを逃さないように「聴く」のも大切に思っていることです。

さあ、Tちゃんは「大根役者」を卒業できるでしょうか。
ということで、Tちゃん、次回のレッスン期待してます♪

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。