プロフィール

齋藤博子

Author:齋藤博子
東海村のピアノ教室です。
ピアノランドマスターコース10期修了、ピアノランド勉強会修了、
樹原涼子氏のコード塾3期、4期を修了。
生徒さんにはクラシックに限らず、さまざまなジャンルの曲を弾けるように、そして楽しみながらも、しっかりとした基礎を身につけられるよう、指導法を研究・実践しています

CONTACT
教室へのお問い合わせ、
体験レッスンのお申し込みは
こちらからお願いいたします
⇒ 『 お問い合わせページへ

カテゴリ
最 新 記 事
最 新 コ メ ン ト
アーカイブ

リンク

検索フォーム

カウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シールもご褒美もないけれど・・

2013.06.08 18:25|未分類
もしかしたら・・

子どもたちは

曲が仕上がったときに

シールがもらえたり

練習を頑張って続けたとき

ちょっとしたご褒美がもらえたら

嬉しいかも・・というか、嬉しいですよね、きっと。

けれど、私のお教室にはそれらはありません。

とってもシンプルに

美しい音楽に触れること
美しい音に心が震えること
レッスンという「場」そのものを味わうこと

そういうことを大事にしたいな、
限られたレッスン時間の「今」に充分集中したいなって
考えていたら、いつのまにかこうなっていました。

シールをもらいたいから頑張る
ご褒美をもらえるから頑張る

というのも、「きっかけ」としてはとっても良いと思います。

でも

なんて美しいんだろう
なんて楽しいのだろう

そんな素直な感動の種が芽を出し、花を咲かせ、実がなって・・

それが上達とか継続ということなのかなって考えています。

ちょっと理想主義かもしれませんが、
そんなふうに考えると「モノ」を介在させなくても良いかなあ・・って思うのです。

私が不器用で、うまく使いこなせないだけなのかもしれないけれど・・。

そして、お教室によってそれぞれの考え方があって、いろいろな工夫がありますから、私のやり方が一番正しいわけでもありません。私にとって「ベスト」ということです。

限られた時間だからこそ

できること、できないこと、したいこと、したくないこと
譲れないもの

いつもよくよく考えてレッスンしていたいと思います。

今日は真面目に書いちゃった。

生徒のみなさん、本当はご褒美欲しいかな
シールあったら嬉しいかな。

でも、そんなこと忘れちゃうようなレッスンするからね。
しまった、ハードル上げてしまった・・

どんなキビシいレッスンなんだろうって思われるかなっていう一抹の不安。こわくないですよ〜!
あ、でも伝えなくてはいけないときにははっきり言う必要もありますけどね♪

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。