プロフィール

齋藤博子

Author:齋藤博子
東海村のピアノ教室です。
ピアノランドマスターコース10期修了、ピアノランド勉強会修了、
樹原涼子氏のコード塾3期、4期を修了。
生徒さんにはクラシックに限らず、さまざまなジャンルの曲を弾けるように、そして楽しみながらも、しっかりとした基礎を身につけられるよう、指導法を研究・実践しています

CONTACT
教室へのお問い合わせ、
体験レッスンのお申し込みは
こちらからお願いいたします
⇒ 『 お問い合わせページへ

カテゴリ
最 新 記 事
最 新 コ メ ン ト
アーカイブ

リンク

検索フォーム

カウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お母さん、ありがとう!

2013.05.10 22:27|感動
もうすぐ母の日ですね。

レッスンをしていて、生徒さんたちの素直さ、頑張りに
いつもいつも感心することばかりなのですが
お家で見守ってくださっているお母さん方の力も大きいのだろうな、
と思います。

私の教室では特別なことがない限り
お父さん、お母さん(時には、おじいちゃま。おばあちゃままで”!)
がレッスンを見学するのはいつでもOKです。

ときどき

「お母さんは、絶対に入ってきちゃダメ!」
って言う子もいます。
そのあたりは、ご家庭で話し合ってくださいね・・ってことになってます。

子どもの方から「来ないで」っていうこともあるし、
お母さんの判断で

「私が入らない方がこの子にとっては良いから」


ということもあります。

見守り方はいろいろですね。
それがいいのですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、久しぶりにレッスンを見学してくださった
Sちゃんのお母さんのこと・・

その日はピアノランド3巻の「たびだちのうた」の仕上げの日でした。

お母さんは、この曲がとても好きで、
好きだからこそ、仕上げの日を楽しみにして
あえて練習のときには聴かないようにしていたんですって。

そして、その仕上げの演奏。
Sちゃんはミュージックデータに合わせて、
のびのびと、力強く弾ききりました。

お母さん、盛大に拍手してくださいました。

「もう、素敵過ぎて・・涙出ちゃう」

と、涙をぬぐっていらっしゃいました。

とてもとても幸せな瞬間でした。

練習をする、しない、でぶつかることも多かった
Sちゃんとお母さんですが
今はとても良い距離で見てくださっています。
本当に本当に、頭が下がります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ピアノレッスンは、支えてくださる方がいるから成り立ちます。

いつも練習するときに横にいることだけが、支えることではありません。

夕方の忙しい時間に送り迎えをしてくださるお母さん
レッスンを見学しながら、さりげないサポートをしてくださるお母さん
真剣にピアノレッスンについて考えてくださっているお母さん
お仕事が終わってから夜の9時、10時に送迎をしてくださるお母さん

週に1回の習い事とはいえ、何年にもわたってやってくださるのです。

ピアノレッスンを見守ってくださるお母さん方

いつも本当にありがとうございます。

母の日にむけて感謝を込めて♪

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。