プロフィール

齋藤博子

Author:齋藤博子
東海村のピアノ教室です。
ピアノランドマスターコース10期修了、ピアノランド勉強会修了、
樹原涼子氏のコード塾3期、4期を修了。
生徒さんにはクラシックに限らず、さまざまなジャンルの曲を弾けるように、そして楽しみながらも、しっかりとした基礎を身につけられるよう、指導法を研究・実践しています

CONTACT
教室へのお問い合わせ、
体験レッスンのお申し込みは
こちらからお願いいたします
⇒ 『 お問い合わせページへ

カテゴリ
最 新 記 事
最 新 コ メ ン ト
アーカイブ

リンク

検索フォーム

カウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けじめと細部に心を配ること

2012.12.04 00:37|心を整える
先日、発表会を観てくださった方から

「このお教室の子たちは、とてもきちんとしていると思いました」
「騒いでいる子はいないし、ご挨拶もできるし、マナーもいいですね」

とおっしゃっていただいて、とても嬉しかったです。
たくさんの発表会に携わっていらっしゃる方がそのように
思ってくださったのですから、きっとそうなのでしょう。

以前、別の方からも同じことを言われたことがあります。

けじめがしっかりある生徒さんたちなのね、と。

一瞬、

もしかして、私が怖いからみんな緊張してる?

なんて思ったりしましたが・・
(そんなことないよね、ね!)

レッスンではその場にふさわしい態度(姿勢やご挨拶)
について初めてのレッスンの日から伝えますし、
そして、もちろんご家庭での毎日の過ごし方が丁寧なのだと思います。

鉛筆を貸したときなんか、
芯がこちらを向かないようにして
返してくれたり(これ、ほとんどの子ができます)
いちいち感心してしまいます!

心配りができるってことは、
想像力を働かせているってことだから♪

想像力も、細部に気を配れるってことも

音楽をするうえでも大事なことですから♪

音楽じゃなくても、大事なことですから♪


そんなこと言って・・私は大丈夫かな・・とちょっと思ったりして。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。