プロフィール

齋藤博子

Author:齋藤博子
東海村のピアノ教室です。
ピアノランドマスターコース10期修了、ピアノランド勉強会修了、
樹原涼子氏のコード塾3期、4期を修了。
生徒さんにはクラシックに限らず、さまざまなジャンルの曲を弾けるように、そして楽しみながらも、しっかりとした基礎を身につけられるよう、指導法を研究・実践しています

CONTACT
教室へのお問い合わせ、
体験レッスンのお申し込みは
こちらからお願いいたします
⇒ 『 お問い合わせページへ

カテゴリ
最 新 記 事
最 新 コ メ ン ト
アーカイブ

リンク

検索フォーム

カウンター

教科書の音読と楽譜を読むことの関係

2016.01.27 10:52|上手になりたい人へ
今日の記事は、「入門レベルで身につけておきたいこと」
についてです。

先日、楽譜は読めるようになりますよ、という記事を書きました。
楽譜が読めるってことは強みになる」

ただ、「読める」と言ってもいろいろなレベルがあるのですが、
ここで最低限「読める」としたいのは、

こんなレベルです。

たとえば文章を読むとき

り・・・・ん・・・・ご・・・・が・・・・す・・・・き・・・・


このように一文字ずつ区切って読んでいると、
意味が頭に入りにくいですよね。


りんごがすき


このように、見た瞬間に、意味がぱっと入ってくるように読めるのを
「読める」としています。

本当の初期の初期に、音符カードなどを使って、一音ずつ認識することが
できるようになったら、

流れにのって、読む(歌う)という
練習をたくさんやります。

うちの教室の生徒さんは、新しい曲に入るときは
必ず「うたう」から始めます。

ある程度弾けるようになっても
それは続きます。

こうやって積み重ねていくので、
流れにのって読むというのは、できるようになるんですね。

ところで、小学生は国語の教科書の「音読」の宿題がありますね。

あれだって続けているうちに、学年が上がっていくと
かなり難しい文章をスラスラと淀みなく読めるようになっていきます。

同じことのように思います。

流れにのって読める、歌える
それが私の思う「楽譜が読める」のスタートラインです。

スタートライン?

そう、楽譜って、それ以外にもたくさん読み取りたいことが
隠されているんです。

それらが「読める」ようになるのは、その先のお話です。

【教室のご案内】

東海村のピアノ教室です。東海村だけでなく、ひたちなか市、那珂市、常陸太田市などからもピアノレッスンに通う生徒さんもいらっしゃいます。

ピアノが上手になり、ずっと楽しめる基礎をしっかり身につけられます。どんなお教室か気になる方は、まずは体験レッスン(無料です)にいらっしゃいませんか。体験レッスンの申し込み、その他のお問い合わせもお待ちしています。

でんわ 090 1264 9889
メール s.hirokopiano@gmail.com  


またはこちらのお問い合わせフォームからどうぞ
Hiroko piano school

教室所在地やお月謝などの概要はこちらで読んでいただけます

【教室について】


良い楽器は良い先生&生徒の気持ちを味わう

2016.01.26 10:08|勉強したこと
今日は、私の通っている勉強会と練習について書きます。

教室のレッスン関係の記事はこちらです → レッスン

では、今日の話題へ・・。

来月で卒業となる「限定版・樹原涼子のピアノの世界」の勉強会のこと。

最終回は、卒業コンサートとなります。

この勉強会は、樹原先生の講義の時間と、受講生がひとりずつ
クリニックを受ける(みんなの前で弾く)という構成です。

今月のクリニックで、来月の卒業コンサートで弾く曲を
みていただいたのですが・・

しょぼーん・・とするほど、弾けなかったんですね。

それは、緊張したとかそういう理由ではなくて、
やはり、練習の段階での意識の甘さが露呈したってことだと
思うのですが

もうひとつ、

楽器のパワーに負けたっていうか
翻弄されて終わった・・という感じでした。

樹原先生からも

もっといろいろなピアノで練習すると良い

とのアドバイスもいただいたので、

今月と来月はなるべく時間をつくって、
都内の良い楽器のあるスタジオを借りて練習することにしました。

ということで早速、日曜日に行ってきました!

ピアノ・スタジオ

ベヒシュタインのあるスタジオ。

良い楽器はより良い弾き方を教えてくれる良い先生、というのは
よく聞くのですが、本当にそうだなあ・・と思います。

ここはこういう響きにしたいとか、こういう意味だったのかとか
アイデアや発見が出るんですね。

すごい楽器を自宅に置けたら一番良いのですが・・
それはいつかきっと!
(もちろん、自宅のピアノも、手を加えながらより良い状態を、ということをやっています)

こうやって、勉強会などに出て自分自身が「教わる立場」になると
生徒さんたちの気持ちが分かるのも良いところ。

「家ではできたのに・・!!」というココロのなかのつぶやきも
見える・笑。

本当の意味で「家でできたことは、レッスン室でもできる」
そんなふうになれる練習を、レッスンでみんなに伝えたいです。
だから私も、練習、練習!

【教室のご案内】

東海村のピアノ教室です。東海村だけでなく、ひたちなか市、那珂市、常陸太田市などからもピアノレッスンに通う生徒さんもいらっしゃいます。

ピアノが上手になり、ずっと楽しめる基礎をしっかり身につけられます。どんなお教室か気になる方は、まずは体験レッスン(無料です)にいらっしゃいませんか。体験レッスンの申し込み、その他のお問い合わせもお待ちしています。

でんわ 090 1264 9889
メール s.hirokopiano@gmail.com  


またはこちらのお問い合わせフォームからどうぞ
Hiroko piano school

教室所在地やお月謝などの概要はこちらで読んでいただけます

【教室について】


楽譜が読めるってことは強みになる・・学校で・・

ピアノ習ってたけど、楽譜が読めないんです・・

って声を時々聞きます。

そういう分野が得意な人と苦手な人がいるのは分かります。

でも、でも、でも!!

私たちは大人になるまでに

平仮名、カタカナ、漢字、さらにはちょっとした英語まで
読めるようになるんですから、楽譜だって本当は読めるようになるのだと
思います。

そこに必要なのは根気。
本人はもちろんのこと、指導者の本気と根気だと思います。

さて

ずっと前にお教室を移ってきたある生徒さんのこと。
今は小学校高学年になっています。

当初、楽譜が読めず(曲はいろいろ弾いていたようでしたが)
読むのを面倒くさがるところがありました。

でも、こちらも、本気ですから、あきらめません。
その子はすごく粘れるようになり、
今では当たり前に読めるようになりました。

その生徒さんの学校の音楽の授業で、
アンサンブルをする機会があったそうです。

周りの友達はみんな楽譜が読めなくて、苦労していたとき・・

「みんなに読み方を教えてあげたんだ!」

と、すごく嬉しそうに報告してくれました。

その生徒さんにとっては、
「楽譜が読める」ことは、自身の強みとなり、
それが自信につながり、音楽の授業が楽しいものになったのは間違いありません。

「できる」という強みや、活躍の場はいくつあっても
良いものだと思います。

そういうことが、他の活動への
積極性へつながっていくこともたくさん見てきました。

この報告をしてくれたときの、その生徒さんの照れたような、
そして、こみ上げる嬉しさを隠せないような表情を見たとき
本当に嬉しくなりました。


【教室のご案内】

東海村のピアノ教室です。東海村だけでなく、ひたちなか市、那珂市、常陸太田市などからもピアノレッスンに通う生徒さんもいらっしゃいます。

ピアノが上手になり、ずっと楽しめる基礎をしっかり身につけられます。どんなお教室か気になる方は、まずは体験レッスン(無料です)にいらっしゃいませんか。体験レッスンの申し込み、その他のお問い合わせもお待ちしています。

でんわ 090 1264 9889
メール s.hirokopiano@gmail.com  


またはこちらのお問い合わせフォームからどうぞ
Hiroko piano school

教室所在地やお月謝などの概要はこちらで読んでいただけます

【教室について】


その夢、素敵!・・ピアノがそこにある未来・・

2016.01.19 09:58|感動
生徒さんと、将来の夢について話すことがあります。

昨日、そんな話をした、ある大きい生徒さんの夢。

詳細は書けないけれど、

とある「場」をつくりたいという・・。
そして、その「場」には、ピアノがあるんですって。
音楽関係のお仕事ではないのだけど、夢とピアノがコラボしてる♪

イメージもくっきり、はっきり、超具体的。

演奏するとき、「こんなふうに弾きたい」というはっきりとした
音が頭のなかで鳴っていれば、そうなっていくように、
夢を持つことも、同じ。

より具体的に、詳細にイメージしていれば、叶っていく。

この村に、その生徒さんの夢の「場」ができたら、
どんなに素敵だろう!

きっと、遠くからそこを目指して、たくさんの人が
東海村に足を運んでくれるね!

「だからこそ、もっとピアノが上手になりたいんです」

って、その生徒さんは言いました。

うん、うん、そうだよね、全力で応援します♪

私も、もっとでっかい夢を持っていこうって思った時間でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東海村のピアノ教室です。東海村だけでなく、ひたちなか市、常陸太田市などからもピアノレッスンに通う生徒さんもいらっしゃいます。
本当に上手になりたい、ずっとピアノが楽しめる基礎をしっかり身につけたい、

教室に興味のある方、お問い合わせください。体験レッスンも行っております。

でんわ 090 1264 9889
メール s.hirokopiano@gmail.com  


またはこちらからどうぞ
Hiroko piano school

教室所在地やお月謝などの概要はこちらへ
【教室について】



レッスンノートを作りました

2016.01.17 12:56|上手になりたい人へ
オリジナルで「レッスンノート」を作りました。

宿題や連絡事項を書くノートは
市販のものもたくさんありますね。

それなのに

なぜ、オリジナルで作ったか・・

それは、やっぱり「シンプル」に自分の教室にとって必要なことだけ
盛り込みたかったからです。

内容は以下の通り。

①レッスン室に入って、ピアノの前に座るまでにやることリスト
②練習する曲一覧(書き込み式)
③初めての曲の練習順番(いつも確認している「じゅんび」のこと)
④楽譜のなかからお宝を見つけるリスト(いきなり弾くのではなくて見つけておくべきこと)
⑤自由課題のページ
⑥レパートリーを書く(仕上がった曲を書き込む)

①③④は、習慣化して欲しいこと。
口頭でも確認していますが、ノートを自分で見て毎回
確認できたら良いですよね。

②の練習曲リストは、パッとみて
自分が今、取り組んでいる曲が分かるようになっています。

こういうレッスングッズって
取り入れているだけで「親切・熱心」という印象を持たれがちですが

実は

「どう使っているか」が大事なんです。

レッスンは音楽が中心にあるものです。
だから、ノートにふりまわされないように簡単にシンプルに。

小さい生徒さんは、書くことも時間かかりますから
負担にならないように。

そんなことを考えつつ、シンプルでも最大の効果をめざして
作りました。

ノート

生徒の皆さん、活用してくださいね♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東海村、ひたちなか近辺でピアノを習いたい方、
本当に上手になりたい、ずっとピアノが楽しめる基礎をしっかり身につけたい、

教室に興味のある方、お問い合わせください。体験レッスンも行っております。


でんわ 090 1264 9889
メール s.hirokopiano@gmail.com  


またはこちらからどうぞ
Hiroko piano school

教室所在地やお月謝などの概要はこちらへ
【教室について】


2016年レッスンスタートしました

2016.01.07 10:40|思うこと
新しい年になり、1月5日からレッスンスタートしました。

レッスンは始まりましたが、生徒さんたちにとってはまだ冬休み。
それに、年末年始のあれこれで、思うように弾けなかったかな・・というのは
杞憂に終わりました。

中学生、高校生にいたっては、いつもより譜読みが早く進んでいる生徒さんが多くて

「どうしたの?」(失礼な質問だけど!)

と思わずきいてしまったら

「勉強しなくちゃって思うと、まずピアノが弾きたくなっちゃって・・」

というのです。
実はこんなふうに言う大きい生徒さん、多いです。

どうやら以下のような思考回路らしいです。

勉強しなくちゃ→う〜ん・・なんか気が乗らないなあ
→じゃあ、まずピアノを弾いてみよう→お、気分がのってきたぞ→さて、勉強にとりかかるか

ピアノが息抜き、勉強の合間の楽しみ、そんなふうになっていることが
嬉しいな。

とにかく楽しんでいるってことは大事なことだと思います。

私は今年、今まで以上に勉強しようという意欲がモリモリなのですが、
それは不安から来るのではなくて、純粋に楽しみで仕方ないといった感じです。

2016年もどうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東海村、ひたちなか近辺でピアノを習いたい方、
本当に上手になりたい、ずっとピアノが楽しめる基礎をしっかり身につけたい、

教室に興味のある方、お問い合わせください。体験レッスンも行っております。


でんわ 090 1264 9889
メール s.hirokopiano@gmail.com  


またはこちらからどうぞ
Hiroko piano school

教室所在地やお月謝などの概要はこちらへ
【教室について】