プロフィール

齋藤博子

Author:齋藤博子
東海村のピアノ教室です。
ピアノランドマスターコース10期修了、ピアノランド勉強会修了、
樹原涼子氏のコード塾3期、4期を修了。
生徒さんにはクラシックに限らず、さまざまなジャンルの曲を弾けるように、そして楽しみながらも、しっかりとした基礎を身につけられるよう、指導法を研究・実践しています

CONTACT
教室へのお問い合わせ、
体験レッスンのお申し込みは
こちらからお願いいたします
⇒ 『 お問い合わせページへ

カテゴリ
最 新 記 事
最 新 コ メ ン ト
アーカイブ

リンク

検索フォーム

カウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

water!!〜分かった瞬間〜

2014.05.09 10:48|レッスン
どんなに簡単な曲でも、
ひとつずつの音を大切に弾きたい、イメージを音にしたい、

そんな真剣な思いでレッスンにいらっしゃる大人の生徒さん。
仮にAさんとしましょう。

先日のレッスンで

ある曲を何度弾いても
納得がいかず、だんだんと悲しい顔になっていきました。

そこで、Aさんの鍵盤に指を乗せたままにしてもらい
その指を私が上から押さえながら、その曲のメロディーを弾きました。

弾き終わると、Aさんの目から涙が。

先生! 
今私、water! って言ったヘレンケラーみたいな気持ちです!
全身で分かりました!

なんて素敵な例え方でしょう♪
Aさんの味わった感動が私にも伝わってきました。

このフレーズをこんなふうに弾きたい・・それを表現するには
一音一音に乗せる「重さ」を変えるのです。
違う、と分かっていても、「これくらいかな」とおっかなびっくりやっているうちは
伝わらないから、音になりません。

指を上から実際に押さえてもらうことで
「こんなに!」と分かったこと、それがダイレクトに音になって
自分の耳に伝わって、Aさんの心に響いたのですね。

無我夢中で、つっかえながらも一生懸命曲を弾くことも感動かもしれないけれど
(初心者の大人のレッスンというと、つい、イメージしてしまう光景ですが)

そのもう一歩先にある感動を味わっていただくことができて、
私も本当に嬉しかったです。

大人の方のレッスンも、子どもたちのレッスンも
大事にしていることは一緒です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。