プロフィール

齋藤博子

Author:齋藤博子
東海村のピアノ教室です。
ピアノランドマスターコース10期修了、ピアノランド勉強会修了、
樹原涼子氏のコード塾3期、4期を修了。
生徒さんにはクラシックに限らず、さまざまなジャンルの曲を弾けるように、そして楽しみながらも、しっかりとした基礎を身につけられるよう、指導法を研究・実践しています

CONTACT
教室へのお問い合わせ、
体験レッスンのお申し込みは
こちらからお願いいたします
⇒ 『 お問い合わせページへ

カテゴリ
最 新 記 事
最 新 コ メ ン ト
アーカイブ

リンク

検索フォーム

カウンター

ミニコンサート〜発表会のあと、どうしてましたか〜

2013.01.27 12:03|取り組み
1月の3週目と4週目の土曜日を使って
ミニコンサートを行いました。

ミニコンサートとはお教室でレパートリーを演奏する
小さな発表会のようなものです。
一年に4回ほど実施するのを目標としていて
参加するのもしないのも自由、回によって保護者の方にも
聴いていただいたり、子ども達だけで行ったり。

さてさて、実は今回のミニコンサートの裏タイトルは

発表会のあと、どうしてましたか?

でした。
みんなに言ってないからね、私が密かに思ってただけですけどね。
(なんかちょっと腹黒いかも

昨年の11月の発表会から2ヶ月。
あのときのあの成長をモトにして、コツコツ練習できた人、
ちょっと気を抜いちゃった人、あなたはどうでしたか・・ってことです。

ミニコンサートは、普段のレッスンでできたレパートリーを3曲まで演奏可能。

もし、気を抜いちゃった人がいれば

「ミニコンで何弾くの?」って問われて

あ・・マズい、1曲もない

とか

あれ?2ヶ月もあったのに、自分、何も進んでないじゃん

とか気付くきっかけにもなるかな・・って思って
1月に設定したのですが

そんな心配要りませんでした!

どの子も「どれにしようかな〜」って楽しく悩めるほど
レパートリーがありましたよ。

今回のミニコンではステキな成長を見せた子たちの
ステキな言葉がいくつかあるので、次回の記事でそれをご紹介しますね♪


お正月と耳の関係・・・仮説。

2013.01.13 09:45|心を整える
お正月明けのレッスンで気付いたことと、それに基づく仮説を。

練習をサボり過ぎて・・という生徒はあまりいなかったですが
練習はしてあるけど、音が雑になっている生徒が、ちらほらと。
その子たちは、普段は丁寧に、隅々まで聴こうとしている子たちなのです。

で、

いつものレッスンだったら、

今のところ、どうだったかな?

って意識を向けるだけで

弾きたいバランスと違ってます

とか

ブレスが自然にできてないです

とか、何かと気付くはずの子たちが

何やら ボー ・・っとしている。

どうだったと言われても・・別に・・

みたいに。

これは、大変なことになってるぞ、と思いました。
耳の使いかた、聴き方が鈍くなっているのです。

でもまあ、レッスンしているうちに、ちょっとずつ
目が覚めて(耳が覚めて?)きたようでしたが・・

もういっかい言いますけど、その子達は、普段はそんなこと
ないんですよ。

で、そういう生徒を立て続けに何人か見て

これは、もしや、お正月のせいでは?

という仮説を立てたわけです。

家にいる時間が長い→テレビがつけっぱなし

お正月に限らずですけど、でもまあ、とにかくテレビの音って
にぎやかというか、ガヤガヤしている。

観てなくても、耳から入ってくる。
ガヤガヤ、ガチャガチャ。
いつもよりずっとずっと長い時間。

すると、耳が荒れる。
(手が荒れるみたいに)

繊細さがなくなる。
聴き流す耳になる。
美しい音への意識がうすくなる。

ほら、空気清浄機ってあるでしょ。
あれは、空気中の余計なものを取り除いて
キレイな空気を吸いましょうってことですよね。

耳だって同じじゃないかしら。
ガヤガヤした音を耳に入れ続けたら・・どうでしょう。

実は私
1月3日になって、やっと落ち着いてクラシックを聴いたんですね。
そのときの、耳の心地よさといったら!

食べ過ぎの後の大根おろし

そんな感じでした。

吸い込む空気をキレイにするのと同じくらい
耳から入ってくるものにも注意したいですね。

何の科学的根拠もない話です。
そうかもしれないなあ・・っていう仮説ですが
共感してくださる方がいたらぜひご一報を(笑)

2013年のスタート♪

2013.01.05 22:05|勉強したこと
あけましておめでとうございます。

もう新年になって5日も過ぎたのですね。

すでに昨日、4日からレッスンはスタートしています。

お正月休みには、特別な魔力があるんじゃないか、というのが
今年始めの大発見(!)です。

実質的なお休みは3日間ほどだったにも関わらず、
脳細胞がどうかしてしまったのでは?というくらいの
思考能力の低下に気付いたのは1月3日の朝。

(普通の3連休ではこんなことあり得ませんから。正月ボケ、とはよく言ったもんです)

明日から仕事よ〜
どうするの〜!

と焦りに焦って
一日かけてなんとか・・元通りに。
(誰ですか〜!元からおバカさんでしょ、って言ってるのは!)

何をしたかというと、ごくごくシンプルなこと。

①身体を動かす(主にラジオ体操←コレ、すごくいいですよ。何回やってもいいですね〜)
②本を読む。今回読んだ本はコチラの2冊。


身体を通して時代を読む―武術的立場 (文春文庫)身体を通して時代を読む―武術的立場 (文春文庫)
(2010/09/03)
甲野 善紀、内田 樹 他

商品詳細を見る



「イヤな気持ち」を消す技術「イヤな気持ち」を消す技術
(2012/11/18)
苫米地 英人

商品詳細を見る


どちらもレッスンに応用できるところがいっぱいで
今日のレッスンで密かに実験してみたら、あらら・・今まで伝わるのに時間が
かかったことが、あっさり伝わるじゃないの!と感動。

身体と脳、さらに深めたいテーマとなりました。

お正月休みの魔力については、まだまだ発見があったのですが、
それはまた次に。

そんなこんなで、すでに始まっている2013年です。

今年も自分のありったけを捧げるつもりで、お仕事をさせていただきたいと思います。
(ありったけを捧げる・・年末のプロフェッショナル・イチロースペシャルで彼が言ってた言葉。感動。)

皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします♪