プロフィール

齋藤博子

Author:齋藤博子
東海村のピアノ教室です。
ピアノランドマスターコース10期修了、ピアノランド勉強会修了、
樹原涼子氏のコード塾3期、4期を修了。
生徒さんにはクラシックに限らず、さまざまなジャンルの曲を弾けるように、そして楽しみながらも、しっかりとした基礎を身につけられるよう、指導法を研究・実践しています

CONTACT
教室へのお問い合わせ、
体験レッスンのお申し込みは
こちらからお願いいたします
⇒ 『 お問い合わせページへ

カテゴリ
最 新 記 事
最 新 コ メ ン ト
アーカイブ

リンク

検索フォーム

カウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指先が歌っているみたい♪

2012.03.31 15:33|レッスン
ピアノランド3巻「ララバイ」を練習中のAちゃんのレッスンで。

この曲の前半は、どちらかの手が伴奏を担当する、というものではなく
右、左、それぞれが歌を歌うように弾きたい曲・・つまり、二声の曲。

さらに、連弾になると(ピアノランドは連弾の曲がたくさんあるのです)
三声になります。

自分の担当する二声だけでも、それぞれの声部を美しく弾くのはとっても難しい事。
(Aちゃんはまだ小さい子です)
そこに、もうひとつの歌が加わって、どうなるかな・・聴こえるかな・・

と、合わせてみたら・・

まあ!素敵!

一緒に弾いていた私も、嬉しくて、楽しくて、あと100回くらい
一緒に弾きたいな♪って思いました。

Aちゃんが、全部の音の流れを良く聴きつつ、固まらずに
自然な流れで弾いているのが、伝わってきました。
(一緒に弾くと、それがよ〜く分かります)

演奏後のAちゃんのひとことが、また、いい!

「指先にお口がついてて、みんなが上手に歌えたみたい♪」

かわいい〜!
そして、感動☆

ピアノランドで育った子は、バッハが得意になる・・って
よく樹原先生がおっしゃっていますが、本当にそうだと思います。

私なんて、右手はメロディー、左手は伴奏・・ってけっこう大きくなるまで
思ってましたもん。
ポリフォニーに出会ったときの、衝撃。そして、ショックといったら・・。
で・・バッハ大嫌いに。←だって、一度にメロディひとつしか聴こえないんだもん。

自然に、構えずに、「そういうもの」として、聴くことができて、
楽しんで弾けるなんて、うらやましいな。
(ちなみに私は今、バッハ大好きですが・・実力はともかくね)

それにしても、Aちゃんの「指先が歌っている・・」という表現には
参りました。
想像力豊かで、いつも楽しいAちゃんです。
スポンサーサイト

メンドクサイはもったいない!

2012.03.26 22:43|レッスン
生徒の言う「分からない」という言葉のウラには、
いろんな意味が隠されている、ということを
書いたのですが、今日のレッスンでも面白い発見が
ありました。

「練習したんだけどさ〜、分かんなくなっちゃうの、あはは〜」
「だから〜、今日はあんまし弾けないんだ〜 えへへ〜」

って言いながらやってきたAちゃん。

その笑い、ごまかしてるね!
なんか、もっと違う意味があるね!

とピーンときた私。

「分からない・・ってどんなかんじ?」
「どういうところで分からないって思ったのかな」

少しずつ聞いていきます。
ニヤニヤしながら答えるAちゃん。

最後の質問で
「分からないって思うときって、本当は何を感じてるんだろう?」
とう言うと、

あ!分かった!
 あのね、メンドクサイって思ってるの!

だそうで・・・。

そうか、分からないんじゃなくて、メンドクサイんだね。

そのあと、レッスンを進めていくと、
またAちゃんの口から「分かんない!」って
言葉が出ました。



そのときのAちゃんは、ハッとして

あ!今、分かんないウラで、メンドクサイって思ったのが分かった!

ですって。
そうなのよね。

メンドクサイを「分かんない」に変換しちゃうから
「できない」気持ちになっちゃうのよね。

面白いから、家で練習しながら、自分の心の動きを
感じてみてね!

と話してレッスン終了。

メンドクサイって思うと、もったいないね・・

と言って、Aちゃんは帰って行きました。

私も、もしかしたら同じようなことをしてるかも。
自分のことも振り返ってみようと思いました。

まだ習ってないことを、やってもいいですか?

2012.03.21 12:14|上手になりたい人へ
とっても長いタイトルになってしまいました。

最近、新聞などで

まだ習ってない漢字だから、ということで
自分の名前を漢字で書くのを禁止する教師はいかがなものか

という記事を読みました。

これね・・

ピアノ教室でも、よく質問されるんです。

まだ習ってない曲なのに、勝手に弾いてしまうのですが、
いいでしょうか

お姉ちゃん、お兄ちゃんの真似をして弾いてしまうのですが
いいでしょうか

などなど。

私は、基本的にはOKですよ、って言います。

だって、弾きたいんだもの。
弾きたいって、「好き」ってことでしょう?

もし、そこで変な癖がついたとして(そんなに大事にはならないと思うけど)

「ピアノが好き!もっと上手になりたいな」

って気持ちがあったら、正しい弾き方を習えば、

「おお♡そっちの方がいい!」って思って、学べちゃうと思うんですよね。

でもね、「変な癖」って、たしかに直りにくい。
けれど、自分で遊び弾きしていて、取り返しのつかないほどの
癖がついちゃった・・っていうのは、私はみたことないな。
そもそも、習っているからね。

正しいフォーム、美しい音色、そういうことを置いてきぼりにして
レッスンをしていたとして、さらに自分なりに楽しく弾いちゃった・・というなら、
それはちょっと大変かもしれないけれど。

あとは、その子をよくみること。

時には

「ああ、そういうの、弾きたいのね。素敵だもんね。
でも、あともう少しだけ、手が大きくなるの、待ってみない?」

って、言う事もあります。

結論としては、基本的にはOKだけど
ひとりひとりの状態をみて・・やってもいいか、もう少し待つべきか、
考えるってことかな。

まあ、これが、学校のように集団を教えなくてはいけない
状況だと難しいものがあるのかもしれないけれど。

でも、
「あんなのが弾きたいな」っていう気持ち、
「あの漢字かっこいい。書きたい」っていう気持ち、

どっちも素敵よね。

大事にしたいと思います。

バランス

2012.03.17 12:35|心を整える
毎日レッスンをして、休日にもついつい仕事をして・・
やればやるほど、「あれも、これも」とやることがでてきて、
気づくとお仕事ばっかりしていることになるのですが・・

そんな毎日も好きだったり・・

とはいえ、やっぱり何事もバランスですね!

この数日、風邪をひいてしまい、強制的に休まなくてはいけなく
なりました
(ご迷惑をおかけした皆さん、ごめんなさいおかげさまで、ほぼ回復!)

ひたすら、本を読み、ボーっとし、DVD を観て過ごしました。
ちなみに、今ハマっているのは、イギリスのテレビドラマ
「魔術師マーリン」でございます〜
あちらではシリーズ4まで進んだこのドラマ、日本ではまだ2まで。
続きが早く観たい〜!!

というわけで、休み過ぎた気もします。
月曜日からは、元気いっぱいレッスンです。

消えたお菓子

2012.03.10 00:20|勉強したこと
学年末です。
ふと、生徒たちの最近の様子を振り返ってみたら、
なんだかみんな、とってもいいかんじ♪
よ〜し、もっともっと張り切って、レッスンするぞ〜!

という決意のもと、今日もお勉強に行って参りました。
いっぱいお勉強して、フラフラになりつつ(大げさ)
今日はいつもより1本早い電車で帰宅するため大急ぎで上野へ。

が!

事故で電車が遅れていて、なんだかややこしいことになりました。
でも、まあ、それは無事解決できたので、ヨシとして。
問題は、お菓子です!

上野で時間があったので、自宅用にちょっとしたお菓子を買いました。
でも・・
気付いたら、お菓子がないんです!
どこにもない。

記憶をたどってみると・・

お支払いして、お釣りをもらって、品物を受け取らずに
その場をダッシュで立ち去ったような・・。

絶対にそうだわ。
これ、何度もやっている失敗。

あ〜あ。
アホすぎる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。