プロフィール

齋藤博子

Author:齋藤博子
東海村のピアノ教室です。
ピアノランドマスターコース10期修了、ピアノランド勉強会修了、
樹原涼子氏のコード塾3期、4期を修了。
生徒さんにはクラシックに限らず、さまざまなジャンルの曲を弾けるように、そして楽しみながらも、しっかりとした基礎を身につけられるよう、指導法を研究・実践しています

CONTACT
教室へのお問い合わせ、
体験レッスンのお申し込みは
こちらからお願いいたします
⇒ 『 お問い合わせページへ

カテゴリ
最 新 記 事
最 新 コ メ ン ト
アーカイブ

リンク

検索フォーム

カウンター

ハートフルコンサートvol.5

2013.09.19 11:55|指導者としての学び
ピアノランドマスターコース10期の有志で行っている
ハートフルコンサートが行われました。

基本的にはお客様を入れないで、自分たちの「本番慣れ」の
ためにやってみよう、と始まったこのコンサート。

5回目ともなると、本番慣れという枠を超えて
自分たちの可能性を試す場になっているように思います。

今回、私が演奏したのは
バッハのシンフォニア2番と、樹原涼子先生の「約束」の弾き語り。

バッハと弾き語りが並ぶっていうところがもう、
マスターコース卒業生っぽい?

他の人の演奏曲目も、とっても興味深いものばかりなんです。
(クラシック、ポップス、弾き語り・・色とりどりの曲たち!)

みんなが、すごく進化していて、笑いあり、涙ありの
感動がいっぱいのコンサートでした。

大人になってからピアノがもっと上手になることなんて
あるのかしら・・って少し疑っていたずうっと昔の私。

マスターコースに通って、仲間たちと一緒に学んで
分かってきたことは、
そもそも、私の思う「上手」の定義がつまんないものだったな、ってこと。

そりゃ、面白くないよね〜
ツラいよね〜

底抜けに明るく、恐ろしいほど真面目な10期のみんなと
こうやって時を重ねることで、分かってくることがあるんだなあって
思いました。

さて、こちらがコンサートのプログラム。

ハートフル・プログラム

力作です!5周年のアニバーサリー感満載です!
イラストは10期生のしょうこ先生が描いてくださったんですよ。
売れるくらい素敵♪
そんなアイデアがわいてきたプログラム作成係のまっみさんもすごい!

そして、聴きっぱなしではなくて
演奏を聴きながら、ひとりずつにメッセージを贈り合います。
コンサートが終わったらみんなで交換して、プログラムに貼ったら・・・
お花畑みたい♪

ハートフル・プログラム2

コンサートの後は、樹原涼子先生のレクチャーコンサートを
みんなで聴きに行きました。なんて贅沢な1日だったんでしょう!
(このレクチャーコンサートのことは、後で書けたら♪)

そして、打ち上げの場で来年の幹事が決まり、
なんと日程も決定し、会場までその場で押さえてしまいました。

来年は何を弾こうかな。
どんな自分に出会うのかな。

ピアノやってて、良かったなあ!


出し切る!

2013.08.12 20:59|指導者としての学び
 昨日、マスターコース同期の先生の発表会に行ってきました。

80名を超える生徒さんが在籍し、本も出版され
素晴らしい活躍をされている先生です。

発表会も、盛りだくさんの内容で、とにかくすごい!

しみじみと思ったこと。

アイデアが満載の発表会。
こんなに出してしまったらもう、
来年はやることなくなっちゃうんじゃないか・・って
もし、私だったら一抹の不安を覚えるけど


きっと来年はさらにパワーアップしているに違いないのです。

それは、

アイデアもエネルギーも、惜しみなく出し切っているから。

だからこそ、また新しい「次」のものが出て来るんですね。

生徒さん達のいきいきとした姿も、とても印象的な発表会でした


連弾と作曲の公開レッスンへ行ってきました♪

2013.07.24 15:44|指導者としての学び
7月23日(火)は、樹原涼子先生の
連弾と作曲の公開レッスン(カワイ表参道にて)
に行ってきました。

録音応募で選ばれた子どもたちの演奏と作品はさすがでした。

印象に残ったことを少し。

休符も音楽の一部であること→分かっているけれど、本当に意識している?休符のときの体(手)の使い方・・実際に手をとって動きを感じさせてみる。目で見て理屈が分かっても、できるとは限らない。

作曲することについて・・和声法とか対位法とか、学んでから作曲しよう・・じゃなくて・・今、生まれてくるものをとにかく残そう。「創る」経験を積んだあとに、理論を学んで過去に創った曲を直していく・・それで良い。それが良い。

実は、帰ってきてからノートを清書したのですが
5ページにもなるほど、学びがいっぱい詰まっていました。

実際にその場で見て聴いて、空気に触れることから
学ぶものは大きいと思います。

長時間に及ぶ公開レッスン。でも、聴講している子どもたちは
ガサゴソすることなく、集中して聴いていました。
とっても良い学びの場になったことでしょう。

東京まで・・というと、どうしても「遠い・・」となってしまうのですがお教室の生徒さんたちにも、是非、聴いてほしかったなあ・・と思いました。

惜しくも公開レッスンまでは進めなかったけど
とっても良かった生徒さんには「記念連弾」という機会も
いただけました。

私のお教室からは、S君がそのチャンスをいただいて
「リズムをたんたかたーん」を弾いてきました!

作曲した先生と連弾できるなんて夢のよう!
S君、それはそれは真剣に準備をして本番に臨みました。
だって・・本当に1回だけのチャンスですもの♪

堂々と演奏できて、ニコニコのSくん
ネクタイもかっこいいね!


7月23日Sくん

公開レッスンは、普段の自分のレッスンを振り返るにもとっても良い機会です。
樹原先生のポイントを見極める目と耳、短くシンプルな言葉で相手にしっかりと伝わる言葉、動き。
どれも素晴らしくて 感動!

けれど

「感動しました」とか言ってる場合ではありません。
少しでも近づけるように、勉強をしなくては。

ピアノを弾くことはもちろんのこと、さまざまなことにアンテナを拡げて受け止めて、咀嚼して吸収して・・それがレッスンに活きてくるんだと思います。

さて次は8月2日(金)のヤマハ銀座での公開レッスンです。
そちらもまた、楽しみなような・・ドキドキのような・・。